半田そうめんの歴史と製法

起こり

起こりには諸説がありますが、「半田町誌」には、天保の時代、当時小野浜港より撫養方面へ運航していた平田舟の船頭が、家族の自給用や副業として行わせたのが始まりといわれています。その製麺の方法は、今の奈良県磯城郡三輪町から淡路、鳴門を経由して、半田の地に伝えられたといわれています。

特色

「大和三輪さうめん、細きこと糸のごとく、白きこと雪の如し、ゆでてふとらず、全国より出づるさうめんの及ぶところにあらず、又阿波より出づるもの名産なり。三輪さうめんにおとらず。」と、1754年に書かれた「日本山海名物図会」に記述されているように、半田そうめんは、風味、コシの強さに定評があります。

歴史のあるそうめんの里

四国山脈から吹き降ろす澄んだ風と、吉野川の澄んだ水。 そして良質の小麦から作られる、半田の優れた風土を象徴する特産品が「半田そうめん」。 250年という長い歴史を持つ伝統の味、全国的にみても最高級の品質を誇る逸品で、その独特の味は一度食べたら忘れられないほど。
半田そうめんの特徴は、半田そうめん音頭に「コシの強さにノドが鳴る」と歌われているように、やや太めで腰が強いこと。 秋祭りが終わるころには町のいたるところで「そうめんの庭干し(かどぼし)風景」が見られ、冬の訪れを感じさせてくれる風物詩となっています。
半田町は面積の約7割以上を山林が占める町。 この豊かな自然を守る運動も盛んで、町民が一体となって自然保護に取り組み、自然と共生しながらさらなる発展を目指しています。

店名”倭”(やまと)一の由来

倭という店名は、古代史のロマン阿波邪馬台国説によると、倭時代徳島県では美馬・三好郡が中心となって繁栄しました。このようなことからロマンを描いて名付けたものであります。