そうめんの美味しいゆで方

簡単においしいそうめんが完成です!

(1)深めの鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、適量(3人分100g×3束が目安)を、少しずつほぐしながら入れます。お湯は麺が泳いでいるくらいの量が必要です。湯量が多いほど、おいしく湯がけます。

(2)箸などで鍋底から大きく一回かきまぜてください。沸騰している状態でふきこぼれないようでしたら、差し水は特にいりません。

(3)そうめんなら3分~5分で茹で上がります。お好みにより硬さを加減してください。茹で上がりましたら冷水にとります。

倭麺は匂いがなく、ぬめりも少ないので水につけて冷やすだけで、もみ洗いはいりません。

あとはお好みのダシ(つゆ)でお召し上がりください。

またザルにあげず、そのまま釜揚げとしてもお召し上がりいただけます。

※そうめん・太麺・うどん、それぞれ多少ゆで時間が違います。麺を一本出し、水で冷やして試食して茹で具合を見てください。

○乾めんの茹で時間目安

  • そうめん 3~5分
  • 太麺 5~8分
  • 源氏蛍 3~5分
  • うどん 10~15分

○半生めんの場合の目安

  • そうめん 3~5分
  • うどん 10~15分

○倭生めんの場合の目安
2分半~3分半

※その他

  • 長い手延べめんは、お好きな長さに切ってから茹でて下さい。
  • お湯が吹きこぼれるようでしたら、火を少し弱くして軽く沸騰を続けてください。
  • 麺は一本づつ手造りですから、太さは不揃いですが煮崩れすることはありません。
    尚、火力と鍋の容量により多少の違いがあります。
  • 鍋をゆでるコツは、必ずグラグラと沸騰した多量の湯にパラパラとほぐした麺を入れることです。